スタッフブログ

2016.10.25

柔道整復師・鍼灸師のための面接対策<面接・見学時のご法度!>


こんにちは!

治療家(柔道整復師・鍼灸師・マッサージ師)の方の転職サポートをしています、須藤と申します。

 

最近の傾向として、1日の中で面接・見学を行う求人先が増えています。

面接の後に見学、もしくは面接の前に見学というパターンです。

 

また、面接を受けるかどうかを悩んでいる時は、気になる治療院にまずは見学に行ってから、

面接を受けるかどうかを決めるということもおススメです。

 

面接にしろ、見学にしろ、「ご法度」があります!

 

今回は、治療家のための面接・見学のご法度についてお伝えします。

※今回は、面接後に見学をする、というパターンを例に、お伝えします※

 

 

治療家のための面接のご法度 ~5つのポイント~

 

 

 

1)治療院に入る時

 

ご法度 1 だらしない身だしなみで院に入らない

 

見た目の第一印象は非常に大切です。

下記の項目を、治療院に入る前にチェックしましょう!

 

 ネクタイ

 

 

☑髪型は乱れていないか

☑靴は汚れていないか

☑スーツにホコリやフケがついていないか

☑ネクタイは曲がっていないか

☑ストッキングが伝線していないか

☑目やにがついていないか

☑口の周りや歯に食べカスがついていないか

 

 

ご法度 2 脱いだ靴を揃えず院内・店内に入らない

 

治療院によっては、靴を脱いで入る場合があります。

その際に、必ず脱いだ靴は揃えるようにしましょう。

ここで、脱ぎっぱなしにしている人は、「雑な人」という印象を持たれてしまいます。

 

 

ご法度 3 暗い表情で元気の無い挨拶をしない

 

意外と多いのが、治療院やお店に入る時に、元気の無いあいさつはNGです。

(もっと悪いのは、何を言っているか分からないくらいの、か細い声であいさつをすることです。)

患者さんや利用者さん、お客さんは、元気の無い方に対応されたいでしょうか?

きっと気持ちよくあいさつをしてくれる人に対応してもらいたいですよね。

 

面接の時に、この元気なあいさつができないと、

「仕事でもできないんだろうな」と思われてしまうので、明るく元気にあいさつをしましょう!

 

 元気

 

 

以前に投稿したブログにも、第一印象などについて書いた記事があるので、参考にしてみてくださいね!

採用担当者が面接でチェックしているマナーって?

 

 

 

2)採用担当者へお会いする時

 

ご法度 1 採用担当者の目を見ないで挨拶をしない

 

目を見てあいさつをする、目を見て会話をする、という方が最近増えてきています。

目を見て、あいさつを交わさなければ、あなたの気持ちは伝わりません。

緊張もあるかもしれませんが、必ず、目を持てあいさつをしてください。

 

 

ご法度 2 頂いた名刺を雑に扱わない

 

名刺は、その人の魂です。

頂いた名刺を、ケースに入れず、鞄や財布にいきなりしまう、などは絶対にしないようにしましょう。

名刺入れを持ち歩くことをおススメしますが、もし名刺入れが無い場合は、

採用担当者に一言、お伝えした上で、持っているファイルなどに大切にしまうようにしましょう。

 

 名刺交換

 

 

3)面接中

 

ご法度 1 無表情、無反応で採用担当者の話を聞かない

 

無表情、無反応で話を聞く・・・

 

これも意識をしないとやってしまいがちなのですが、

あなたが、話をしている時に、相手が無表情・無反応で話しを聞かれていたらどう感じるでしょうか?

 

「興味が無いのかな」「ちゃんと聞いてくれているかな」と不安になりますよね。

その不安が募っていくと不信になっていきます。

 

この時点で、採用の道は閉ざされてしまいます。

 

相づちを打つ、うなずく、明るい表情を意識する、といったことを心がけましょう。

 

 面接

 

 

4)見学時

 

ご法度 1 勝手に治療中、施術中のカーテンや個室の扉を開けない

 

カーテンの中や個室の中は患者さんのプライベート空間です。

「どんな治療をやっているのかを見たい」という気持ちで、何も言わずに、

カーテンや個室の扉を開けると、患者さんは嫌がります。

 

患者さんに迷惑をかける行為を、治療院やお店の人は最も嫌がりますし、

気遣いができない人・空気を読めない人という印象が強くなってしまいます。

 

どうしても、治療の様子が見たい方は、必ず採用担当者に事前に確認をしましょう。

 

 

5)面接・見学が終わった後

 

ご法度 1 「特に無いです」で終わらせない

 

面接や見学が一通り終わった後、採用担当者から、

「質問はありますか?」

「気になったことはありますか?」

「どんなことが印象的でしたか?」

などと聞かれます。

 

この質問に対して、「特に無いです・・・・」と応えてしまう。

 

あなたが採用担当者だったら、どう感じるでしょうか?

 

面接でしっかりと説明し、見学でも見てもらい、何も感想持たないとはどういうことだ!と憤りを感じるのではないでしょうか?

もしくは、少しは興味を持って聞いてくれよ・・・、と思ってしまうのではないでしょうか?

 

面接で聞いたこと、見学で見て感じたことは必ずメモをしていくこと。

その中で、不明点などがあったら、最後に質問したいこととしてまとめておくことをおススメします。

 

決して「特に無いです」で終わらせないでくださいね。

 

 

 

以上、5つの場面でのご法度、いかがでしたか?

 

どれも、意識しないとできないですが、逆を言えば、意識したら防げるものばかりですよね?

 

意識するだけで面接時の印象が良くなるのですから、

ぜひご紹介をした内容を面接前日にご確認を頂けたら嬉しいです!

 

皆さんの面接が成功することを心より応援しております!

 

 

 

柔道整復師・鍼灸師のための面接対策

 

 

ウィルワンへのお問い合わせ

※連絡の取りやすい方法で、お気軽にお問い合わせください!

電話番号:03-6276-7771(受付時間10:30~20:30

メール:support@willone.jp

LINEのID:@ekn5858h

友だち追加

治療・セラピスト業界への就職・転職をサポートします!無料登録するメールでお問い合わせる
求人情報検索
希望職種


 

希望勤務地
 
 
検索語句
こんな年齢の方々にご利用いただいてます もっと詳しく見る
アクセス 就職までの流れ お気軽に寄れる環境それがウィルワンです。 国試黒本 国家試験 解答速報 治療家・セラピストの求人サイト ジョブノート
ウィルワン
株式会社ウィルワン
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-21-10
インターパーク代々木 9F
03-6276-7771 メールで問い合わせ 無料登録する
求人情報・転職サイトウィルワン facebook