就職活動ノウハウ

2017-05-29
柔道整復師・鍼灸師の転職<オープニングスタッフで気を付けたいこと>

治療家(柔道整復師・鍼灸師・マッサージ師)の方の転職サポートをしています、ウィルワン求人担当の矢田です。

 

平成27年7月16日、厚生労働省から『平成26年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況』が発表された情報によると、毎年、整骨院では約3000店舗も鍼灸マッサージ院でも約3000店舗ほど増えていていることになっています。

今となっては、鍼灸整骨院がコンビニの数ほどあることは皆さんご存知の方が多いかと思います。(引用:平成26年衛星行政報告例(就業医療関係者)の概況 ?http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/14/dl/kekka3.pdf)

 

それに伴い、就職・転職活動をしていてよく目にする求人情報内容に、「立ち上げ」「オープニングスタッフ」という文字をご覧になることが増えてきたのではないでしょうか。

 

人材紹介だから知っているいる求人情報の裏側をお伝え出来ればと思います。

 

今回は、こちらの2点についてお伝え致します。

 

?立ち上げ募集で気を付けた方がいいこと

? 立ち上げ募集のメリット

 

 

①? 立ち上げ募集で気を付けた方がいいこと

 

立ち上げというと、一見大変そうなイメージがあると思います。集客するところから、オペレーションを揃えるところまで、細かい調整が必要になります。そのため、無計画は失敗を計画している

ようなものなので、そのオーナーさん・院長先生が過去の分院長や立ち上げの経験があるのか成功事例がある人なのかが、大切になってきます。

 

とはいえ、実際の面接で「院長先はどこで修行してきたのですか?」など、慣れ慣れしく聞けないよ!という方は、私たちウィルワンのような仲介業者を介して就職・転職活動することが一番安心だと思います。直接お会いして細かいヒアリングをしているので、聞きにくいことがあれば間に人を介すことをオススメします。

?1c81e115e315018f8344899abe3c3178_s

 

②? 立ち上げ募集のメリット

 

柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の方々は開業を目標にしている方がほとんどだと思います。実際にスタートからみれることが、ご自身が開業するときのシミュレーションに近くなりますし、それだけ開業するためのノウハウを習得できます。

 

また、メンバーもこれから一緒に作りあげていくことが多いので、学生時代に例えると転校生として迎え入れるというよりは、クラス替えと同じような感覚で心機一転して再スタートを切れると思います。

 

どこかに分院があるところであれば雇用条件は整っているかと思いますが、1店舗目の立ち上げとなると売り上げが上がらないと給与も反映されないので、不安だなと思うかもしれません。

 

見方を変えてください。

 

むしろ、その売上を作り貢献することによってあなたは幹部候補になる可能性が非常に高いです。つまり、頑張れば役職手当や次期新店舗の院長候補ということにもなりかねません。

 

あとはご自身が立ち上げをどう捉えるかだと思いますので、

 

・開業前に一度、立ち上げを経験しておこうかな

・開業を実際に知ってみて、開業するか考えようかな

・幹部になるチャンスをつかみたい

 

という方には、一度経験してみた方がいいかもしれません。

 

d235be6f724965501c7d54b7b9b9d652_s

 

実際に、開業した方の4人に3人は5年後に閉院しているというデータもあるので、どれだけ開業が大変なのかというのは間近で感じられると思います。

 

その他、開業か転職で悩んでいる方がいらっしゃれば、相談して頂ければと思います。

治療業界のプロが現状をお伝え致します。

お気軽にご相談ください!

 

ウィルワンへのお問い合わせ

※連絡の取りやすい方法で、お気軽にお問い合わせください!

電話番号:03-6276-7771(受付時間10:30~20:30

メール:support@willone.jp

LINEのID:@ekn5858h

友だち追加

page top